October 17, 2018 0586-86-8436 一宮市を拠点に名古屋、愛知、岐阜、三重の東海三県を中心に注文住宅、新築、リノベーションを手掛けている建築家 梶浦博昭の設計事務所

心綺の家

Home / Portfolios / 心綺の家

DATA

所在地

愛知県一宮市

コメント

木曽川にほど近い田んぼが多く残る土地の一角に建つ住宅。静かな場所ではあるが、南側は生活道路であり、車通りも頻繁にある。西側、北側は近接して住宅が建ち、東側、南側は道路を挟んですぐ住宅が建つ。田んぼのような抜けの多い場所でありながら、密度の高い敷地である。

その中で外を感じながら生活ができるように中庭が欲しいという要望があった。中庭は住人にとっては憩いの空間となるが、通りを通る人には窓の少ない外壁が現れ、閉鎖的になる場合がある。特に本敷地のような田んぼの多い場所ではその閉鎖が大きな違和感として現れる。そこで中庭を作りつつ、閉鎖的にならないようボリュームを分散させて計画することとした。

玄関、リビング、水廻り、和室、外納戸とボリュームを作り、そこをつなぐ廊下やアプローチ部分は極力低く押え、抜けを作り出している。その低くした隙間をぬって太陽の光が中庭に落ち、室内を照らす。住宅で囲む中庭を作ることで生まれた余剰空間は北側に駐車場、南側に前庭を作り、隣地間の密度を低くしている。

前庭は中庭の扉を開ければ一体として使えるのはもちろんであるが、普段は前を通る人が目で楽しむ公園のような性格を持っている。外部に閉鎖を生む可能性がある中庭が、家族はもちろんのこと通りを通る人や近隣の人々に憩いを生み出している。

コンタクトフォーム

お気軽にお問い合わせください。